ホーム > 各製品の導入事例 > 高速回転 x 高圧(高PV)用例におけるRotostat Eシリーズの提案

高速回転 x 高圧(高PV)用例におけるRotostat Eシリーズの提案

Rotostat E の特徴

非接触式シール(ラジアル型)を採用した油圧・空圧・水用ロータリージョイント。
非接触式シールの採用により主に下記のメリットを有している。
  高PVの達成   低い回転トルク   メンテナンスフリー の実現  

従来品の課題・問題点

従来のロータリージョイントは、回転軸に接触式シールを採用しているため、
主に下記のデメリットを有している。

高PVへの対応が困難
高い回転トルク
シール交換等の
メンテナンスが必要
イメージ

納入事例・効果

主な納入事例と採用理由

風力発電機ブレードピッチ制御油圧用ロータリージョイント
・数年間隔のメンテナンススパンに対応可能。
  風力発電機ブレードピッチ制御油圧用ロータリージョイント
工作機械 高速回転テーブル用ロータリージョイント
・高速回転・高圧油圧(21MPa)で長期間にわたり使用する事を実現。
・低回転トルクを実現。
  工作機械 高速回転テーブル用ロータリージョイント
試験機 高速回転用ロータリージョイント
・高速回転での長期間の連続運転を実現。
・低回転トルクの実現。
・低発熱の実現。
  試験機 高速回転用ロータリージョイント
工作機械 主軸用ロータリージョイント
・センタースルークーラント用ロータリージョイント
 (Rotodisk)とRotostat Eを一体化させる事により、センタースルー
 クーラント以外の複数流体を主軸に搬送する事が可能。
・低回転トルクの実現。
・低発熱の実現。
  spindle sample.jpg

 

  • Contact
  • 製品に関するお問い合わせは、こちらより承ります
  • TEL:03-3734-1701
  • ウェブからのお問い合わせ