環境耐性

 

 

温度耐性

   

Servometer社のニッケルベローズは、液体酸素や液体水素のような、ベローズが耐久性を持ちつつ強度が30%ほど増える低温域にて理想的に機能します。

高温域については、176.6℃ 程度まで耐熱可能です。この温度以上では標準のニッケルは壊れてしまい、サルファフリーニッケルは焼き戻されてしまいます。

ある実例では、Servometer社のサルファフリーベローズは760℃で焼き戻されましたが、ストロークが短縮されつつも問題なく使われております。

(合成的な焼き戻しとたわみ強度の低下による)

 

磁気特性

 

Servometer社の電気蒸着ニッケルは強磁性です。

電着銅には磁性はなく、特殊な用例に利用可能です。

 

耐腐食性

 

ニッケルはブラスやブロンズよりも腐食に強いものですが、ステンレススチールほど強くはありません。

 

ニッケルベローズは、空気中で錆びず、アルカリ性の液体にも影響を受けません。

しかし、酸性のものには耐えられません。海水中では、異種金属の接触による電食により使い始めてから数週間後には錆び始めてしまいます。

 

サルファフリーベローズは標準のものよりずっと高い耐腐食性を持っていますが、耐腐食性においては、各々の状況は単体にて評価されなければなりません。

 

数多くの腐食状況がニッケルベローズによりうまく処理可能になります。

設計を承認する前に各々の環境条件において、データを参照し、テスト品をお試し下さい。

 

 


ベローズの設計 さらに詳しく…

ベローズの設計   両タイプのニッケルの機械的性質
仕様数値   表面仕上げ
金属の成分   デザイン制限
環境耐性   リークタイトレベル
公差   接着の方法
標準ベローズ設計諸元早見表                        
  • Contact
  • 製品に関するお問い合わせは、こちらより承ります
  • TEL:03-3734-1701
  • ウェブからのお問い合わせ