ホーム > 製品案内 > ミニチュア電着べローズ > 電着ベローズ・エレクトロフォームの製造工程

電着ベローズ・エレクトロフォームの製造工程

 

process01.jpg
   1.素材
   アルミの丸棒もしくは角材を用意します。 
 
イメージ

 

process02.jpg
   2.マンドレル製作
   ローズまたはエレクトロフォームの内側形状となるマンドレルを
   マシニングにて製作します。 
 
イメージ

 

process03.jpg
   3.金属皮膜堆積
   寸法・外観検査後、電着によりマンドレル表面に金属皮膜(ニッケル・
   金・銀・銅)を規定厚さ分堆積させます。Servometer社のベローズ
   は、均等な厚さのニッケルで厚さ0.001in.(0.0254mm)の銅を
   ラミネートするサンドイッチ構造のため、リークパスの生じにくい
   構造になっております。
 
 
イメージ

 

process04.jpg
   4.寸法出し
   電着後、検査を経て、皮膜両端形状を整え、寸法出しをします。 
 
イメージ

 

process05.jpg
   5.仕上げ
   アルミの丸棒もしくは角材を用意します。マンドレルを溶剤にて
   分解し取り除くことにより、薄い蛇腹状の金属皮膜が残ります。
   この後、特別仕上げ、もしくは特殊コーティングが必要に応じて
   施されます。リークテスト・ばね定数検査を行ない、お客様の
   仕様に適合することを確認致します。 
 

 

 

 

  • Contact
  • 製品に関するお問い合わせは、こちらより承ります
  • TEL:03-3734-1701
  • ウェブからのお問い合わせ