ホーム > 製品案内 > ミニチュア電着べローズ > 金メッキベローズコンタクトスプリング

金メッキベローズコンタクトスプリング

Servometer社の精密金メッキベローズコンタクトスプリングは、許容公差、振動、温度膨張などによりスプリングと応力の反復性に問題が生じる箇所の用例において高い信頼性を持ち、接点を保ちます。スプリングの柔軟性により、動的なアプリケーションにおいて、ショックや振動を最小限に抑えることが出来ます。

  

ばね定数が非常に小さいため、1mm当たり44.49gの要求応力にて製作可能です。 これにより、デリケートな構成部品や素材を使用するような接点での設計が可能となります。

contact1.jpg

 

Servometer社のベローズコンタクトスプリングは、電着ニッケルによって製作され、導電性を高めるために金メッキが施されています。エンドキャップのほとんどが、ピンやポケットに収まるよう設計されており、ハンダ付け無しで他の構成部品に繋げることが出来ます。

 

ベローズタイプの接点には、以下のような特長があります。

特長
  • 自己インダクタンスが非常に小さい。
  • DC抵抗が非常に小さい。
  • 差し込みロスが非常に小さい。
  • スプリングのリピータビリティが高い。
  • 2箇所の接点を保持するのに、大きな力を必要としない。
  • 必要に応じて、静電気防止(静電気放電)用として利用できます。

     

Servometer社では、外径0.0200.245in.(0.5086.223mm)の接点が製作可能です。

 

contact2.jpg

 
  • 期待寿命

    Servometer社の接点は、100100×106サイクルまでの広範囲な期待寿命の設計が可能です。

  • 環境公差

    カタログに記載されているServometer社の接点は126℃までスプリング品質を保持しつつ使用可能です。低温側の制限はありません。Servometer社のベローズは、現在-252.7℃までの用例にて使用されています。

  • マウント方法

    多くの用例においてベローズの開口部を簡単にピンに差し込み、又は押し込んで取り付けることが可能です。開口部をピンにスポット溶接したり、接点をハンダ付けすることも可能です。

  • 電流値

    Servometer社の接点の最大電流値は4アンペアです。

カスタムオーダー

お客様の要求に標準の接点が合わない場合、お客様の仕様に合わせてServometer社の経験豊富なエンジニアがカスタム仕様の接点を設計いたします。



ベローズコンタクト(相互接続向け)

Servometer社の相互接続用精密金メッキベローズコンタクトスプリングは柔軟性のある相互接続を実現するために設計されました。

0.0370.125in.(0.93983.175mm)の外径にて製作が可能です。

このユニークな接点は凸状の円錐、凹状の円錐の先端部で構成され、信頼性、フレキシビリティ、微細な応力が必要とされる用例において使用することが出来ます。

この接点は個別でも、ペアでも使用できます。

ミスアライメントが問題となる箇所においても、凹凸の先端部同士がソケットのようにアライメントを自己修正し接点を保持します。 

 

contact3.jpg

 

この接点は電着ニッケルと金メッキにより、ASTM B-488‐01 Type 1の伝導性を実現するために製作されており、差し込みロスが非常に少なく、DC抵抗も非常に小さくなっています。

スプリングの寿命が長く、応力の繰り返し性に優れた設計です。

 

これらの接点には、以下の特長があります。

特長
  • 動的アプリケーションにおいてショックや振動を最小限に抑える。
  • 許容公差やミスアライメントの問題を解消する。
  • 360度回転中に回転スピードが一定のまま変化しない。
  • 公差の厳しいコストのかかる構成要素部品に対しコストメリットを出すことが出来る。

 

 

 

  • Contact
  • 製品に関するお問い合わせは、こちらより承ります
  • TEL:03-3734-1701
  • ウェブからのお問い合わせ