ホーム > 製品案内 > オムニシール > オムニシールの原理・種類・用途

オムニシールの原理・種類・用途

オムニシールの原理・種類

オムニシールの原理

オムニシールはシール取付け溝に装着すると、スプリングの弾性によりシールのリップ部分がシール取付け面に押しつけられて、しっかりとシールすることができます。

さらに、オムニシールは基本設計としてU字形状にして開口部を設けており、積極的に圧力を導入できるようになっています。この開口部分に流体圧力を受けることでシール性は、より高まるという基本原理となっております。(下図参照)

オムニシールの種類

ラジアルシール
ラジアルシール
流体の圧力が軸に対して平行にかかる場合のシールで、シールカバーの開口部は軸と平行です。
フェイスシール
フェイスシール
流体の圧力が軸に対して直角にかかる場合のシールで、シールカバーの開口部は軸と直角です。
内圧用・外圧用の2種類があります。

オムニシールの用途

オムニシールは、従来使用していたOリングやオイルシールが使用されていた箇所での置き換えが可能な製品です。
低摩擦を必要とする箇所、耐薬品性や高温・低温など環境条件に制約がある箇所に適しているため、種々のガス・液体ハンドリング機器に使用されています。
代表的な用途は下記の通りです。
  • ガスタービンエンジン 航空機の油圧/空圧エンジン
  • ガスタービンエンジン
    航空機の油圧/空圧エンジン
  • 宇宙船(スペースシャトル)
  • 宇宙船(スペースシャトル)
  • 医療、実験用機器
  • 医療、実験用機器
  • 石油化学プラント
  • 石油化学プラント
その他の活用シーン
  • 航空機のホットガスシステム
  • 航空機の燃料制御ライン
  • 高速液体クロマトグラフィーポンプ
  • 食器製造機器
  • 赤外線システム
  • ディーゼルエンジン
  • ロータリージョイント、スイベル
  • 極低温機器
  • 射出成型機
  • 真空装置
  • バルブ、ポンプ、コンプレッサ
  • 耐熱シリンダ(250℃)

    and more

 

     【オムニシール各種ページはこちら】

   

 

オムニシールの
原理・種類・用途

 

オムニシールの
型番と形状

 

 オムニシールの
材質

 

             

 

オムニシールを
条件から探す

  ラジアルシール   フェイスシール
 



   

【金属製シールはこちら

   
   

  ボスシール
     



【回転専用シールはこちら】

 

    ロータリーリップ
シール
  ダイナリップ
シール
   



→ オムニシールのトップページはこちらから ←

  • Contact
  • 製品に関するお問い合わせは、こちらより承ります
  • TEL:03-3734-1701
  • ウェブからのお問い合わせ