ホーム > 製品案内 > オムニシール > オムニシールの型番と形状

オムニシールの型番と形状

オムニシールの型番・形状

オムニシール型番表示方法

JIS B2406の溝規格に準拠したシールの型番表示方法は、下記の通りです。
但し、ユーザーの使用条件に合わせてシールを設計、製作する場合は、その都度スペシャル型番になります。
※上記例の場合、型番は「510-P10-A0101」で
 510(SRⅡシリーズ)/P10(サイズ)/A01(カバー材質)/SUS301(スプリング材質)
 という意味合いの型番表示方法となっております。

オムニシール形状バリエーション

ユーザーの用途に応じて下記のシール形状も標準品として用意しています。
  • スクレーパーリップ
  • スクレーパーリップ
  • 内径側、または外径側のどちらかのリップ部を鋭利な形にしたもので、その構造上、研磨剤や粘性のある流体に適しています。
  • フェイスシール
  • ヘビーヒール
  • ヒール部の厚みを大きくすることにより、高圧・高温時に起こりうるシールの変形を保護するようにデザインされたものです。
  • フランジヒール
  • フランジヒール
  • 特に回転・揺動などのシャフトシールとして開発されたもので、フランジによりシールが固定され、シャフトと共に回転してしまうことを防ぎます。
omniseal_hadwear_design.png

 

     【オムニシール各種ページはこちら】

   

 

オムニシールの
原理・種類・用途

 

オムニシールの
型番と形状

 

 オムニシールの
材質

 

             

 

オムニシールを
条件から探す

  ラジアルシール   フェイスシール
 



   

【金属製シールはこちら

   
   

  ボスシール
     



【回転専用シールはこちら】

 

    ロータリーリップ
シール
  ダイナリップ
シール
   



→ オムニシールのトップページはこちらから ←

  • Contact
  • 製品に関するお問い合わせは、こちらより承ります
  • TEL:03-3734-1701
  • ウェブからのお問い合わせ