ホーム > sti’sソリューション > オイルシールの置き換え

オイルシールの置き換え

事例

オイルシールからダイナリップロータリーリップシールオムニシールへの置き換え

イメージ
問題点
要求事項
回転速度 高周速運動での使用時の短寿命・高発熱
無潤滑での使用ができない 回転速度が上がるとより厳しい環境となる 
長寿命化

耐摩耗性に優れたシール材を使用するため
より長寿命化が期待できる

イメージ
改善・効果

ダイナリップとロータリーリップシールは周速20m/sを超える速度でも使用が可能です。3MPa以上になる場合の回転用例では、オムニシールを推奨させていただいております。

テフロンを主材としたシールリップのため、ドライ環境(無潤滑)での使用が可能です。スティックスリップがないので、機器/設備の長期間停止時から再スタート時の不具合がありません。

また、製作に型が不要ですので、試作時の小ロットや特殊溝寸法に対応できます。

これまでの経験・ノウハウから、使用条件に最適なシールタイプを選定させて頂きます。

従来:オイルシール装着時

solution_oilseal01.png 
イメージ

 

   

ダイナリップ装着時

 

ロータリーリップシール
装着時

 

オムニシール装着時

     solution_oilseal03.png solution_oilseal02.png solution_oilseal04.png

 

     【オムニシール各種ページはこちら】

   

 

オムニシールの
原理・種類・用途

 

オムニシールの
型番と形状

 

 オムニシールの
材質

 

             

 

オムニシールを
条件から探す

  ラジアルシール   フェイスシール
 



   

【金属製シールはこちら

   
   

  ボスシール
     



【回転専用シールはこちら】

 

    ロータリーリップ
シール
  ダイナリップ
シール
   



→ オムニシールのトップページはこちらから ←

  • Contact
  • 製品に関するお問い合わせは、こちらより承ります
  • TEL:03-3734-1701
  • ウェブからのお問い合わせ